ヘルパーとして働くためには介護全般の知識が必要です。
介護全般の知識を学ぶには介護関係のスクールに通うのが最近では一般的になっています。

ヘルパーになるためには基礎知識を学ぼう

スクールは通学生と通信制があり、通信、通学併用しているスクールがあります。ilm17_ab03001-s
ヘルパーとして働くために一番最初にまなぶのは介護職員初任者研修という資格になります

介護職員初任者研修では介護に関する一般的な知識や実務が学べます。
介護職員初任者研修はこれまでのヘルパー2級と呼ばれている資格にあたります。(ヘルパー2級から介護職員初任者研修に名称が変わりました)介護職員初任者研修資格は主に講義と実技があり、難易度はそれほど高いものでもありませんので、ヘルパーとして働きたい初めての人に一番に学ぶべきものになります。

check

介護職員初任者研修のスクール料金の安いスクールの無料資料請求はこちらへ

ヘルパーの仕事内容とは

ヘルパー職は、在宅での介護ヘルパーなのかあるいは施設での介護ヘルパーなのかでその仕事内容が異なります。
まず在宅での介護ヘルパーの仕事は、主に身体介護、生活援助、通院等に関する乗車または降車の解除といった具合に分かれていて、やることが違います。

こうした在宅の仕事内容に対して施設における仕事内容は、主に施設内の要介護者への見守りあるいは食事や入浴の介助などが主な仕事になります。つまり在宅へと出向く必要はなく、施設内においてほぼ仕事は完結します。

なお、施設内において働くのは介護職だけとは限りませんので、その他の職種との連携も重要になります。
在宅では、要介護者の状況の確認等をサービス提供責任者に対してしっかりと行うとともに、その報告を受けてサービス提供責任者は、ケアマネジャーとの連携の元必要な助言を行う必要があります。

check

介護職員初任者研修のスクール料金の安いスクールの無料資料請求はこちらへ

介護の仕事のやりがいとハードな側面

一言に介護の仕事と言っても、その内容は多岐にわたります。
また、勤務先によっても変わってきます。例えば、デイサービス・デイケア施設だと、普段は自宅で生活されている要介護・要支援認定を受けた高齢者が、日帰りで送迎を請けて通う場所で、レクレーションなどを一緒に行いながら、楽しく一日を過ごしてもらえるように援助を行います。特別養護老人ホームの場合は、在宅で生活が困難と判断された要介護者を対象にしています。ですから、デイサービス・デイケア施設よりは介護の度合いは高まります。

食事介助、排泄介助、口腔ケアなど、生活していく上での様々なシーンのお手伝いを行います。
訪問入浴といって、専門の浴槽を装備した訪問入浴車で利用者のお宅へ伺い、入浴介助をする仕事もあります。

高齢化社会が進む中、介護の仕事は需要を増してきており、ホームヘルパー等介護の仕事に必要な資格取得に向けて取り組んでいる人も多いようです。体力はもちろんのこと、気遣いも必要な仕事ですが、それ以上にやりがいがあるので、この分野の仕事を望む人も多いです。

check

介護職員初任者研修のスクール料金の安いスクールの無料資料請求はこちらへ